ミノタブは生え際に有効なのか自身の記録写真で振り返る

わたしが、ミノタブ+フィンペシアを服用することで、当初目標にしていたのは、

  1. 頭頂部のカッパハゲ(別名:ザビエルハゲ)の改善
  2. おでこ部分の生え際やM字の改善

この2点です。

あっ!!ちなみに上の写真は私ではありません(笑)生え際が目立つ写真をイメージにしたくて探してきた見知らぬおじさんです(笑)

頭頂部と生え際(主におでこ)をフサフサに・・・かつ速やかにこの目標を達成するため、敢えて塗り薬という選択肢を捨て、ミノタブ(ミノキシジルタブレット)+フィンペシアという内服薬でのAGA治療を選択したのですが、ここらで一度その効果がどれくらい出ているのか検証しておきたいと思います。

スポンサーリンク

ミノタブ+フィンペシアでの頭頂部の改善状況

まず頭頂部について改善状況を検証してみたいと思います。

一番ハゲている時の写真がコレ

そして、一番改善されていた時の写真がコレです。

自分で言うのもナンですが、まるで別人の頭のようです。

ちなみにナゼ最も改善されている時の頭頂部で比較しているかというと、現在は1年ほどAGA治療を中断した後に再開している状況のため、あまり参考にならないと思ったからです。そのあたりの事情は下のリンクからどうぞ

AGA治療中断からの再開【1年10か月ぶり】再び生えるか?!中断前の写真とも比較
順調に回復していた頭髪でしたが、途中AGA治療への情熱が若干薄れてしまい約1年10か月ほどフィンペシア+ミノタブの服用を中断していました。 ...

特筆すべきは、頭頂部ではなくその前の部分・・・つまりおでこの生え際近辺の部分です。

この生え際部分がミノタブ服用前はスカスカだったのに対し、改善後はしっかりと毛足が詰まっています。結果、生え際が改善されたかのようにも感じられます。

そういった意味ではミノタブ+フィンペシアでのAGA治療は生え際にも有効であるともいえると思います(当然個人差はあると思いますが・・・)

頭頂部付近の発毛状況を時系列でみたい場合には、「頭頂部発毛記録写真」を見てもらえると、少しづつ改善されていく様子がわかりますヨ

ミノタブ+フィンペシアでの生え際(M字部分)の改善状況

こんどは、本当の生え際(M字部分)についても検証してみたいと思います。

まず、ミノタブ服用当初(30日目)の生え際の写真です。

フィンペシア+ミノタブ服用300日頃の生え際の写真がコレです。

ミノタブ服用当初の生え際と比べると、劇的とまではいかないまで・・・もあきらかに改善されているのが分かります。

生え際(M字部分)の全く毛がなくテカっていた部分にしっかりと太い毛が生え、生え際がある程度前進(顔方向に)してきています。生え際の周りには、細かいうぶ毛がしっかりと生えています。

この2枚の写真から検証する限り、改善の速度は頭頂部に比べゆっくりですが、ミノタブ+フィンペシアでのAGA治療は、生え際にも効果があるということがわかりました。

生え際(M字部分)の発毛状況を時系列でみたい場合には、「M字発毛記録社写真」を見てもらえると、少しづつ改善されていく様子がわかりますヨ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村 ↑AGA治療記録を写真つきで紹介しているブログが沢山あります
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする