ヘアサイクルとは?

人間の髪の毛は、発毛→成長→休止→脱毛→発毛を男女等で個人差はありますが、2年~7年の周期で繰り返しています。

この周期のことを、ヘアサイクル(毛周期) といいます。

スポンサーリンク

ヘアサイクル【成長期の毛髪】

発毛当初と成長期は、図のように、毛母が毛乳頭にしっかりとくっついており、毛根部の活発な細胞分裂によって、髪はたえず伸び続けます。

成長期の期間には個人差がありますが、この成長期の期間が短縮され、髪が十分育たないうちに次の休止期に入ってしまうのがハゲの始まりです。  .

ヘアサイクル【休止期の毛髪】

毛根部の細胞分裂が停止し、成長がストップした状態が、この休止期です。毛根は、マッチ棒のようになり、皮膚の表面に押し上げられます。
この状態の髪の毛は、非常に抜け易くなっています。

ヘアサイクル【脱毛及び成長期】

成長がストップした毛髪が抜け、下から新しいウブ毛が生えてきます。あとは、再び成長期→休止期→脱毛といったヘアサイクルを繰り返します。

髪は抜けるもの・・問題は本数よりも質

成人で頭髪が大体10万本以上とわれています。そして、それぞれの頭髪が、上に説明したようなヘアサイクルで抜けたり生えたりしているワケです。ですから、頭髪の状態が健康な人でも、1日に何本かの頭髪は必ず抜けます。

本数自体はそれほど問題ではないのですが、問題は、抜けた髪の質です

もし抜けた髪の大半が、細い髪の毛だったら・・・これは、十分の成長期を経ずに、休止期に入っているいることが予想されます。こうなったら要注意というとこですね!!

髪の毛には五感がないので、なんとなく体の一部という感覚が沸きづらいですが、髪の毛も立派な体の細胞も一部です!!

これから、育毛・発毛に取り組もうという人は、やはり、髪の毛そのもの仕組みをよく知っといたほうが、効果は上がりますよね。

自分が実践している育毛法が、いったい髪の毛のどの部分に効果があるのか分からないままでは、効果も半減ですし、長続きしないような気がします。

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村 ↑AGA治療記録を写真つきで紹介しているブログが沢山あります
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする