個人輸入購入数量制限に対する対応(オオサカ堂・アイドラッグ)

最近、何かと騒がれてる、育毛剤の個人輸入購入数量制限ですが、これが実現されると、私を含めた貧しい小遣いでAGA治療にハゲんで世のお父さんには大打撃です。

そっ送料がぁ・・・・って感じです。

そこで、育毛剤個人輸入の2大巨頭である、オオサカ堂とアイドラッグストアーの対応を調べてみました。

オオサカ堂

オオサカ堂は、今のところ購入数量の変更はないみたいです。かわりに、こんなことがHP上に書かれていました。

弊社取扱製品のほとんどは医薬品に相当します。
個人使用を目的とし、規定範囲量での海外からの医薬品輸入は認められています。
しかしながら医師の指導の元、適切に使用することが出来る方で、治療に必要な方のみ個人輸入をご利用ください。

<中略>

処方箋に記載の処方薬を弊社にて取扱している場合には、 処方箋に従った数量によるご注文受け付けをさせていただきます。

●処方箋には、医薬品名ならびに処方される量の明記が必要です。
●1ヶ月以上の使用量を超過する場合には、ご注文お受け付けが出来ない場合もあります。

難しい言葉が多くて、ちょっと分かりづらい文章ですが・・・・要は、オオサカ堂としては、購入の数量制限は設けませんが、場合によっては、注文を受けられない場合もありますよ・・・と言ってるワケですね。

アイドラッグストアー

アイドラッグストアーは、既に1ヶ月分のみしか販売しない方針に切り替えたようです。HPにはこんな風に書いてありました。

 厚生労働省の指導により、2012年12月21日(金)より、医薬品は用法用量からみて最大1ヶ月分のご購入のみ可能となりました。弊社は、薬事法を厳格に遵守して運営してまいりたいと考えております。何卒、ご理解のほどをお願い申し上げます。

毎月のご購入手続きが不要で自動的に毎月商品が発送される「定期購入」もご用意しております。定期的に商品をご購入される場合には、是非ご利用ください。

(株)オズインターナショナル代表 瀧本憲治

アイドラッグストアーは、厚生労働省の指導通りの対応をするみたいですね。

厚生労働省の指導の意図は分かります。特に経口タイプの育毛剤は、用法用量を守らずに飲用した場合、重大な健康被害をもたらす恐れもありますもんね。

・・・だけど、「国民の健康を守るため」って意図でこうやって規制をかけるなら、個人輸入に頼らなくても、一般の薬局で手に入るような仕組み作りも考えてほしいなぁと思う今日このごろです。

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村 ↑AGA治療記録を写真つきで紹介しているブログが沢山あります
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする